雑多な書きなぐりブログ

携帯電話はMNPで顧客争奪戦へ

2017年04月13日 21時04分

どうも、ITネットワークニュースです!

携帯電話のMNPっていつから開始されたか覚えていますか?
実は2006年から始まっているんです。

MNPとは

そもそもMNPを知らない人のために、
ざっくりお話しをすると、MNPというのは、
番号がそのままで携帯会社を変更できるというサービスです。

昔は携帯会社を変えてしまうと、
番号も変わってしまい、その都度友達に変わった番号を
教えなくてはいけませんでしたよね。

そんな面倒なことがなくなるので、大抵の人はこのサービスを使って、
携帯会社を乗り換えています。


 

少し前までのMNP

少し前までのMNPはドコモ、au、ソフトバンク、
この3社を乗り換えるのに使われていました。

この3社も新しいサービスを打ち出し、
MNPで顧客を奪い合うという構図が明確でしたね。


 

現在のMNP

それと比べて現在のMNPはドコモ、au、ソフトバンクに加え、
格安SIM会社も顧客争奪戦に参加してきています。

まだ、3大キャリアの勢力は大きいままですが、
通話をあまりしないような、格安SIMで十分な人にとっては、
MNPでさらに安い会社に乗り換えるという行為はとても自然になってきています。


 

大手でも活発なMNP

格安SIMが台頭してきているとは言ってももちろん今も変わらず、
3大キャリア同士のMNPは活発です。

代理店が軒並み力を入れ、高額キャッシュバックなどで、
顧客を増やそうとしています。


その中でも特に高額キャッシュバックを提供しているのが、
「おとくケータイ」というソフトバンクの代理店です。
ここのキャッシュバックは目を見張るものがあります。

詳しくはおとくケータイの怪しい評判をご覧ください。

おとくケータイは長年、ソフトバンクの代理店としてNo.1を保ってきました。
そういった代理店でMNPをするのも顧客にとっては
大きなメリットになるんじゃないでしょうか。


 

携帯のMNPまとめ

これからは格安SIM業者も含め、
さらにMNPが活発になってくると思われます。
いろんな方面の声に騙されず、自分の状況にあった携帯業者を選ぶようにしましょうね。

ITネットワークニュースTOP